ござ、そして花ござの誕生


米を収穫した後、残った茎を天日に干して乾燥させ、それを綿や糸の色で織り合わせて織物などにして生活に役立てる・・・

日本の農村で長く繰り返されてきたことです。

そしてその敷物が「茣蓙(ござ)」と呼ばれるものです。

つまり、茣蓙を織る技術の基盤は、日本の農村において育まれたものです。

 

八代将軍足利義政(室町幕府)は、武家文化における住宅スタイルである書院造りを完成させました。

それは畳による空間で、その後の武士たちもこのスタイルに習って、畳を敷いた空間を公式の場と考え、

また自らのステータスを示すものとして好んで用いてきました。

明治初期、磯崎眠亀はそうした武士文化が培ってきた畳と、民の文化が培ってきた茣蓙の接点に全く新しい

「草の織物」を創造します。

確かに茣蓙ではあるが、畳のような風格を持ち、畳にはない文様を持つ独特の織物。

彼の作り出した「い草の織物」は、それまでの茣蓙とは全く質の異なる美しい工芸品でした。

そして、人々はいつしかそれを「花ござ」と呼ぶようになりました。

 

花ござとジャガード織り


花ござの横糸にあたるもの。それが「い草」という草です。縦糸になるのは綿糸など。

そこに「い草」を通して、一枚の織物に織り上げていく。それが花茣蓙の織り方です。

花ござを織るということは、糸と比べてごわごわとしていて固い草を織り込む技術が必要なため、

織手にもそれなりの熟練が要求されます。本来大量生産に向いている物ではありません。

 

花ござの創始者ともいえる磯崎眠亀の織った「錦莞莚(きんかんえん)」の技法は手によるものですが、

その後、より多くの人々に楽しんでもらうためにと、複雑な折り込みができるジャガード織りを応用しての

量産が始まりますが、未だに「錦莞莚」の水準には至っていないともいわれています。

(「錦莞莚」の技法は、残念ながら昭和初期に途絶えてしまっています。)

 

諏訪紋匠が花ござの紋紙を手がけるようになったのは、1964年東京オリンピックの年のことです。

以来50年以上の長い間に渡って、ジャガード織りの花ござの質的な向上を目指してきました。

現在のスワモンショウの代表である諏訪文久は、い草の生産者とも交流を重ね、またい草の染織技術などにも目を向けながら、ジャガード織りによる花ござを錦莞莚」の水準に近づけるよう努力を重ねています。

美しい紋様だけが花ござの魅力ではない


都市は利便性に富んだ場所です。しかし、その代わりに私たちは自然と疎遠になってしまいました。

確かに植栽は施されていますが、やはり自然に生える樹々とは異なります。

 

花ござは草で編んだ織物です。草そのものでもあります。花ござを広げれば豊に草が薫ります。

花ござの作り手たちは紋様にばかり目をとらわれていて、このことをあまり重要視してきませんでした。

確かに色の鮮やかさ、多色の織物であること、あるいは紋様の斬新さ、逆に伝統的な柄を忠実に再現すること。そのいずれもが花ござの魅力です。

しかし、花ござは日常的な生活空間に居ながらにして自然を身近に感じ取るための道具であるということも、とても大きな魅力です。

 

そうした中で花ござは、新たな役割を担おうとしているのかもしれません。こんなにも自然と疎遠にならなければ、その「新たな役割」は浮上してこなかったのかもしれませんが、大都市の空間で「花ござ」を広げた時に立ち上がってくる薫りは「新たな役割」の存在を際立たせてくれているように思います。

 

スワモンショウは形や意見にとらわれることなく、人々に豊かさや心地よさを提供できるような花ござ作りを目指していきたいと考えています。